トップ

保険適用外の歯科治療とは

高額な歯科治療も

肩こり・頭痛

歯科で保険適用外となる種類

歯科の治療等の中には保険適用外になるものもあります。例えばインプラント治療です。これに関しては条件を満たせば保険が適用になることもありますが、それは少ない事例なので、基本的には実費診療だと思っている方が良いです。他にもホワイトニング、セラミックの詰め物や被せもの、歯列矯正などは保険適用外になります。しかしインプラント治療や歯列矯正の様に医療費控除を申告することで、お金がいくらか戻ってくることもあるので、保険適用の治療なのか、医療費控除の対象の治療なのかなどは歯科医院に聞いてみると良いでしょう。高額な医療行為の負担を少しでも少なくなるようにすることは大切です。

歯医者の保険適用外について

歯科の治療の中でも保険適用外のものがあります。それはインプラントと呼ばれるものです。インプラントとは抜歯などをして抜けた歯の場所に新しく人工的な歯を埋め込むことです。要するに人工的な歯をインプラントと言います。インプラントは、他の入れ歯やブリッジとは違い、周りの歯に負担をかけません。見た目も普通の歯とほとんど変わりません。しかし短所もあります。それは常に手入れをしないと劣化しやすいことです。更に、最初に述べましたが保険適用外なので費用が高いことです。歯を抜歯した際は歯科医師と相談して、入れ歯やブリッジ、インプラントなど、どれにするかをしっかりと決めることが大事です。

↑PAGE TOP

© Copyright 保険適用外の歯科治療とは. All rights reserved.